顧問弁護士とは密に連絡

個人経営の会社や中小企業などは、自社に法律の専門家を雇用していることが少ないので、法的な問題に直面した時に相談できる弁護士と顧問契約を結んでおいたほうが良いでしょう。実際にトラブルが発生した時に限らず、会社の事業における意思決定においても、法的な側面から問題ないかを顧問弁護士に相談しながら進めていけば、起こりうる法的なトラブルを未然に防ぐことができるでしょう。顧問先との関わり方としては、契約を締結している以上はなるべく、密に連宅を取り合うことができるようにしておいたほうがよいでしょう。普段から事業のことなどを話しておくことで、弁護士も急に相談をされるよりも、ある程度は情報を得ていることで、より適切なアドバイスをしてもらうことができるようになります。顧問契約の形態によっても関わり方が変わってくることになりますが、急に法的な問題が持ち上がった時に即材に対応してもらうことができるような弁護士との関わり方ができる体制ととっておいたほうが良いでしょう。経営者とは違った視点から問題にアプローチをしてくれるので、法律的な知識を使った最適な解決を導いていくためにも顧問弁護士との密な関わり方は重要となります。

バックナンバー

↑PAGE TOP