弁護士やほかの法律の仕事

法律職の専門家と言えば、やはり弁護士が思い浮かぶでしょう。ですが、他にも法律職というのはあります。主に、書類作成の代行をする行政書士、不動産の登記などを行う司法書士なども、法律に関係する仕事です。また、船の登記などをする海事代理士という職業もあります。これらの法律関係の仕事のなかでも、弁護士というのは少し特別です。というのも、業務の範囲に制限がないからです。行政書士や司法書士というのは、業務に制限があります。基本的には、内容証明や登記を代わりに行うというのが基本の仕事になります。少額の訴訟などなら担当することができることがありますが、基本的には訴訟は弁護士の領域になります。もし、日常生活で何かトラブルがあったときに、依頼や相談をするなら弁護士にすれば非常に話が早くなります。しかし、高度な法律知識とすべての業務を行えるということもあり、業務を委任する場合は、費用が高額になる場合が多いです。法律職の関わり方として覚えておくとよいでしょう。登記や、特定の書類作成だけの業務を委任する場合なら行政書士や司法書士にして、高額の訴訟やトラブルの場合には弁護士に委任するという方法が適切でしょう。このような関わり方がおすすめです。また依頼する場合でも、あらかじめ要点を整理したりしておくことで、時間や費用の節約にもなります。これも、おすすめの関わり方です。

バックナンバー

↑PAGE TOP